人それぞれ様々なスタイルがあります

人それぞれ様々なスタイルがあります



人それぞれ様々なスタイルがありますブログ:14/12/31


みなさまは、
減量というと、
「ご飯制限」ということが
真っ先に思い浮かぶんじゃないでしょうか?

ご飯の回数を減らすとか、ご飯を抜く…といった、
過酷な減量をイメージする方も
少なくないのではないでしょうか。

ところが
普通に推奨されている減量では、
一日3食の規則正しいご飯を
求めている場合が多いんですよね。

もちろん一食一食あたりのご飯の量についても、
極端に少なくするという必要もありません。

減量中にこそ
規則正しくご飯する必要があるのには、
それなりの理由があります。

ぼくたちのからだは、
しばらく栄養分が入ってこないと
「今、飢餓の状況下にある」と誤解をしてしまいます。

ご飯に含まれている栄養分が生きるために必要不可欠。
なので、
食べ物が入ってこないということに、
非常に敏感に作られているのです。

飢餓状態と判断した直後のご飯では、
とにかくできるだけ多くの栄養分をからだの中に入れようとします。
次にいつ食べ物が入ってくるかわからないからです。

そのため、一日2食と3食とでは、
同じ量の食べ物を食べていても、
2食の方がより効率的にエネルギー摂取を行います。
結果、太りやすいからだになってしまうわけです

ご飯抜きダイエットという方法が注目されがちですが…

ぼくたちのからだの特性から考えると、
ご飯の回数を減らすダイエットというのは、
効果的ではないんですよね。

適量で規則正しいご飯のほうが、
減量には効果的なんです!

しっかり食べた方が、痩せやすいからだになるんです!
人それぞれ様々なスタイルがあります

人それぞれ様々なスタイルがあります

★メニュー

リアルタイムな世界の経済の動き
大金を稼いだ主婦が全財産を失った
インターネットなどの情報源を調べる
人それぞれ様々なスタイルがあります
通貨の金利差で利益を出すことが可能
FXでいう「実質合計手数料」
国会議員の発言が大きく影響
FXの取引で重要な経済指標
インターネット等で様々なFX会社を調べる
FXの鍵を握るローソク足チャート


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)投資を考えているならFX